個人情報 電話占い 庵心

電話占い

2その他の心願成就方法

その他: ●2        10 11 12

心願:職場でいじめられない

職場での人間関係、いじめに会わない方法

方法

最初に白いはちまきを用意します。★はちまきが無い時は白い布を適切なサイズに切ってはちまきを作って下さい。
はちまきに黒いペンで【いじめ反対!】と書きましょう。 ★馬鹿らしい!と思っても力強く書いて下さい。
職場に行く時ははちまきを常に持ち歩きます。
朝、職場の人に会ったら、そのはちまきを握りしめて【おはよう】としっかり声に出して挨拶をする。 ★必ずしも元気よく言う事より、確実に声に出す事の方が最重要なのです。
これを続けていると不思議と いじめ られなく成って来ます。

なぜ出来る?

挨拶には負のオーラを跳ね返すパワーが有ります、自分の意識をしっかりと他人へ認識させる効果が有ります。しっかりと挨拶を言葉に出す事で、いじめの負のパワーも跳ね返して自分に正のバリアを張る効果が生まれて来るのです。

もごもごと挨拶しても意味は有りませんので、しっかりと相手に釘を刺すように挨拶する事が重要です。

又、 はちまきを使うのは、ある意味の自己暗示の一つです。 いじめ反対という言葉を書き毎日それを持つ事で自分の精神力が強くなります。 自分の意見をもち、他人の意見に左右されない心を持つための自分へのマインドコントロールの一種なのです。

いじめられる人には共通点がある?

スピリチュアルな観点から話をすると、いじめられる人というのは強いオーラを持っている事が多く(個性的)より他人の目につきやすいことがあげられます。 他人より個性が強いので、【出る杭は打たれる】という言葉が有るように、目立ってしまう人は叩かれるのです。

例えば言葉に一言多かったり、一風変わった趣味を持っていたり、おとなしすぎる性格だったり、これらはすべて強烈な個性となって他人の目に触れやすく成ります。

いじめられる人の原因が、たとえそれが欠点であったとしても、それは裏を返せばその人の個性であり上手に磨けば必ず良い方向へ生かす事が出来る才能なのです。(短所と長所は表裏一体で、その短所が有るから、その長所が有る、この反対も有るのです、自信を持ちましょう)

しかし、まだ精神的に大人でない人間が沢山集まる学校や職場の中で生活すると、彼らはその欠点を個性として受け止める事が出来ないので、【鼻につく】【目立つ】【他の人とは何かがちがう】と言う理由だけでいじめを行ってしまうのです。

いじめの中心人物と成る人は心の寂しい人

いじめる人間というのは人をからかったときの反応を楽しんでいるので、 楽しみたいという欲求が強い人間です。 これは親などから受ける「見返りのない愛情」が足らない時に良く見られる現象です、他人を信じられない性格をしており、本当の愛情がどういうものかも知らない寂しい人間なのです。

いじめをする人間がまだ子供なのであれば、その親が子供に対して、見返りのない深い愛情を与えた事がないことが原因の一つです。

お金や権力などにものを言わせ、プライドだけが高く、他人に無償で何かを与えるという事が出来ない人間が親なので、そういう親に育てられた子供は同じように他人を信用せず、お金や権力などしか信じることが出来ないのです。

そして他人の痛みがわからない子に成り、他人をいじめることで自己顕示欲を満たしたり、欲求不満を解消しようとします。

いじめられない為に

いじめを受ける人は個性が強い証拠なので、まずは自分でその個性に気付くことが重要です。個性はそれが強いほど他人に刺激を与えるものなので、自分の個性に気付いていない人は、知らない間に他人を不快な気分にさせることがあります。これがいじめの原因です。

自分にしかない個性に早く気づき、その才能を伸ばし、他人に良い方法で他人にアピールしていけるように成ると、いじめられるどころか人気者へ変える事が出来るのです。(プラスとマイナスは表裏一体)

【挨拶】と言うのはその第一歩です。 人それぞれに自分の個性が有り、あなたの個性が有る。 私という存在が有り、あなたという存在が有る。 ここから始める第一歩が、挨拶なのです。

挨拶も出来ないほどオドオドしていたり、おとなし過ぎて、存在しているのかどうかもわからない様子では、周りの雰囲気に圧倒されて個性が死んでしまいます。 個性は極めれば必ず光ります。 他人の意見に左右されず(良い忠告やアドバイスは、もちろん聞き)自分の良いところをどんどん伸ばす強さが必要です。

リンク:よく当たる無料占いサイト「恋愛と人間関係」
リンク

電話占い 庵心 ご利用法